オンラインヨガ 利用規約

K4_edited_edited.jpg

<総 則>

本規約はMizuki Yoga (以下、当社といいます。) が運営するオンラインヨガ(以下、本サービスといいます。)の利用条件を定めたものです。


心身の健康維持・増進を図ることを目的に本サービスを提供いたします。



第1条(適用)
本規約は、本サービスの利用者 (以下、利用者)と当社との間の本サービスに関する一切の関係に適用します。

当社は、RESERVA(レゼルバ)の予約システムを利用するものとし、個人情報の取り扱い及び予約に関する免責事項についてはRESERVAの利用規約に準じます。

利用者は、本サービスへの申し込みを行った時点で、RESERVAの利用規約、本規約及びプライバシーポリシーの内容すべてを承諾したものとみなされます。

本サービスは法人の利用はできません。

第2条(受講資格)
以下各号に該当する方とします。
(1)本規約に同意できる方
(2)健康上の問題で医師から運動の禁止、または制限をされていない方、ほか疾患のある場合は医師からの承諾を得ている方
(3)18歳以上の方
(4)当社からの連絡をすることが可能な電子メールアドレスを保持している方
(5)過去に当社に対する嫌がらせや活動を妨げる行為、不適切な行為をしたことがない方
(6)暴力団関係者、または反社会的勢力関係者と直接または間接的に関わりのない方
(7)その他、当社の判断によりお断りする場合があります。

第3条(会員登録)
当社ウェブサイトの予約画面、或いはRESERVAの予約システムで必要事項を登録の上、初回予約が確定した時点で会員登録が承認されます。

第4条(除名)
(1)1年以上の利用がない利用者の個人情報は削除します。
(2)第5条における禁止事項に該当する行為をしたとき

第5条(禁止事項)
利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)本規約、RESERVAの利用規約に違反する行為
(3)犯罪行為に関連する行為
(4)他の利用者に関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(5)他の利用者に対する迷惑行為または威嚇行為
(6)サーバーまたはネットワーク機能を破壊したり、妨害する行為またはおそれのある行為
(7)サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)講師に対する嫌がらせ、不良行為またはレッスンの進行を妨げる行為
(9)飲酒後にレッスンへ参加する行為
(10)許可なくレッスンの撮影、録画、録音をする行為
(11)その他、不適切と判断する行為
※前項における禁止行為に該当するかの判断は当社の判断基準によるものとし、該当者への説明責任は負いません。

第6条(入会金)
入会金の請求をいたしません。

第7条(利用料金、返金について)
(1) 利用者は、本サービスの利用の対価として、当社が別途定める利用料金を支払うものとします。なお、利用料金に係る消費税及びその他、付加される税を負担するものとします。
(2)利用料金の支払い方法は、オンライン決済クレジットカード各種、および銀行振り込みとなります。銀行振込の手数料は利用者負担となります。
(3)利用料金の入金後は、理由を問わず返金いたしません。但し、当社の責めに帰すべき事由により本サービスが提供されなかった場合にはこの限りではありません。

第7条(予約、変更、キャンセル)
(1)本サービスの予約はRESERVAの予約システムを利用して行います。
(2)予約受付の締め切りは前日までとなります。
(3)予約の変更・キャンセルの締め切りは前日までとし、それ以降は利用料金の100%を頂戴いたします。
(4)締め切り時間前は、RESERVAのシステムにより、予約・変更・キャンセルの手続きがご自身で都度可能です。
(5)キャンセルを多数する等、レッスンに影響があると判断した場合は以降の予約は受付けません。

第8条(Zoom)
(1)本サービスは、Zoomが提供するサービスを利用して行われます。
(2)利用者は、事前にZoomが利用できること、通信環境と通信機器、本サービスを受講できる準備が必要です。通信費は各自別途かかります。
(3)利用者は、Zoomが提示する各規約、ガイドラインを遵守します。
(4)本サービスの開始後に発生したZoomの機能の不具合等について、当社は一切の責任は負いません。
(5)Zoomが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、当社は対応する義務を負いません。
(6)利用者は、レッスン前と後のマイクをONにすると対話が可能です。レッスン中はミュート(消音)にして、ビデオのONまたはOFFは自由に選択可能です。
(7)利用者は、1名の予約で1デバイスを使用でき、利用者の配偶者、家族は一緒に参加可能です。その際は、本規約及びプライバシーポリシーの内容すべてを承諾していることが参加条件になるのでご了承下さい。
(8)レッスン開始後に発生した利用者の通信不具合等については責任を負いません。
(9)当社の都合、または不具合等によるキャンセルにつきましては返金いたします。
(10)レッスン中の指示は強制ではありません。利用者の判断で拒否する権利があり、決して無理なくマイペースに参加下さい。
(11)レッスン中の怪我や事故等のトラブル、周辺の器物損壊や破損した場合等、すべて利用者本人の責任になりますのでご了承下さい。
(12)その他レッスン中に起こるトラブル等により、中止や開催URLが変わる場合があります。
(13)レッスン開始後、体調の変化が起こった場合は必ず休憩をするか、途中でレッスンを中止してください。

第9条 (LINE LIVE)
(1)LINE LIVEが提供するサービスを利用して行われます。
(2)利用者は、LINE LIVEが提示する各規約、ガイドラインを遵守します。
(3)本サービスの開始後に発生したLINE LIVEの機能の不具合等について、当社は一切の責任は負いません。
(4)LINE LIVEが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、当社は対応する義務を負いません。
(5)利用者は、事前に通信環境と通信機器、またLINE LIVEを使った本サービスを受講できる準備が必要です。通信料金は各自別途かかります。
(6)無料のLINE LIVEラジオは、SNS等でお知らせするリンクをクリックするだけで参加可能です。
(7)有料の限定LINE LIVEへは、予約時のメールアドレス、ご連絡頂いたLINEへお知らせをする限定URLリンクをクリックするとご参加が頂けます。画面は、本サービスが映る動画配信です。利用者は、LINE LIVEアプリからの利用でメッセージ等がシェアできます。レッスン後、一週間ご利用頂けるURLリンクは、有料のご予約を頂いたご本人様のみのご利用が条件となります。リンクの公開、録画、その他の方との共有などはすべて禁止になります。もしも利用違反をされた場合は、ご利用の停止はもちろんそれなりの対応を取りますのでご了承下さい。
(8)レッスン開始後に発生した、利用者の通信不具合等については責任を負いません。
(9)当社の都合、または不具合等によるキャンセルにつきましては返金いたします。
(10)レッスン中の指示は強制ではありません。利用者の判断で拒否する権利があり、決して無理なくマイペースに参加下さい。
(11)レッスン中の怪我や事故等のトラブル、周辺の器物損壊・破損した場合等、すべて利用者本人の責任になりますのでご了承下さい。
(12)その他レッスン中に起こるトラブル等により、中止や開催URLが変わる場合があります。
(13)レッスン開始後、体調の変化が起こった場合は必ず休憩をするか、途中でレッスンを中止してください。

第10条(本サービスの提供の停止等)
当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピューターシステムにウイルス感染等により異常が起こった場合
(2)地震、落雷、火災などの天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピューターまたは通信回線等が事故により停止した場合

第11条(免責事項)
当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとし、いかなる賠償責任も負わないものとします。
(1)未成年者の参加によるトラブル
(2)本サービス利用中の通信障害等で途中でサービス利用を中止する場合
(3)本サービスを利用するにあたり、当社以外のリンク先へのアクセス等によるウイルス感染等のトラブル
(4)利用者間同士の間での取引、連絡先の交換によるトラブル
(5)レッスン中の利用者本人の怪我や事故、周辺の器物損壊や破損

第12条(著作権および所有権)
ウェブサイト上に記載されている画像、ロゴマーク、社名、本サービスに関する映像、画像、音声等についての商標権、著作権、所有権その他の権利は、全て当社に帰属します。著作権等を無断で使用、侵害すること、他のサイト上へのアップロード、リンク等、第三者への配布等を行ってはなりません。

第13条(利用規約の変更)
当社が必要と判断した場合には、利用者に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第14条(損害賠償)
利用者が、本規約に違反し、または本サービスの利用に際し、当社もしくは第三者に対して損害を与えた場合、利用者は直接・間接を問わず、一切の損害を賠償するものとします。

第15条(協議事項)
本規約の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、当社と利用者は、誠意をもって協議の上これを解決するものとします。

第16条(準拠法、裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本規約に関し生じた一切の紛争については、当社の所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。


以上